漁火想とは

>

20140802漁火想打ち上げ花火08 (1280x853)

 

2003年に誕生した、高浜の夏を代表するイベント「若狭たかはま漁火想」。

漁火(いさりび)とは夜間、魚を集めるために漁船でたく火のこと。

夜になると水平線に浮かぶ灯は、若狭の夏の風物詩であり、その灯を見た人は、大漁・漁の安全を願っていました。
そして、沢山の漁船が造りだす海のイルミネーションは、昔から若狭の人にとって特別なものがあります。

漁火想とはこのような人の”想い”から生まれたお祭りです。

地元住民によって創られた手づくりのイベントは、キャンドル1つ1つにもその想いが込められています。

海岸を埋め尽くすキャンドル
おもちゃの花火だけを使った花火師によるショー(櫓ドラゴン)
大迫力の水中花火
などなど…

ここでしかできない体験がきっとあります。

一夏の終わりには、”若狭たかはま”で思い出を作りませんか。

 

DLモデルコース

若狭たかはま漁火想実行委員会

〒919-2225 福井県大飯郡高浜町宮崎73-5-2